安いだけで買ってはいけないショートウィッグ

ショートウィッグをかれこれ40個以上購入した経験から質が良くて安く買えるメーカーからおすすめのショートウィッグを教えちゃうよ。

 

まずは、ショートウィッグを選ぶ時の注意点から読んでね。

 

待てないって人は、即【ショートウィッグショップメーカーランキング】へどうぞ

 

ウィッグが安くなったけれど・・・

ショートウィッグ

ウィッグは、もはや100円ショップでも買えちゃう時代。まあさすがにフルウィッグでなくて、前髪ウィッグとかだけれどね。

 

でも、いくら安くても、不自然なショートウィッグじゃ恥ずかしくてつけられないから、買っても意味がないのよ。

 

変に光を反射していかにもつけてるって感じじゃねえ〜。

 

私も初めて購入した時、安いからついつい値段に魅かれて買っちゃって、結局使えなくて損したの。

 

質の良いウィッグを選ばなきゃダメ

質の悪いものは、毛質もごわごわで、風に吹かれたら凄い不自然な動きをしたりするし、つむじの部分がすっごい不自然で、頭の上を覗かれたら、バレバレだし。

 

人工ファイバーの質や人工つむじの質が悪くては恥ずかしくてつけてられないよ。

 

特にショートウィッグはロングよりもばれやすいかも。

 

簡単で、どんな頭でもフィットさせられるものじゃなきゃダメ

フルウィッグ(ショートウィッグ)の場合、頭全体にかぶるわけだから、頭の大きさや形によって柔軟にフィットさせられるように作られてないとだめ。

 

すぐにずれちゃったり、ぱかぱかしてたりしたら変だよね。伸縮性のある素材で作られていて、簡単に調節できるアジャ―スターがつけられていないと使えないの。

 

実は安くて質のいいウィッグもちゃんとある

ショートウィッグ

じゃあやっぱり、「安いウィッグって、それだけ品質も悪くて、だめなんじゃん!」と思ったかもしけけれど、大丈夫。

 

実は、3000円ぐらいからでも質の良いショートウィッグってあるんだ。

 

今はファッションウィッグ大人気でみんなが買うから、かなりの数が売れているの。だから質の良いウィッグでも大量生産大量販売で、とっても安く販売できるようになっているから。

 

つまり、みんなの評価の高いところで購入すれば、満足いくウィッグが手に入る。多くの女の子たちに支持されて売れるから、毎年より改良された新作が出ている評判のいいウィッグ専門通販ショップで購入すれば、かなり満足な買い物ができるよ。

 

じゃあ、どんなショップが評判がいいのかっていうことで、私が購入している安くて質のいいショートウィッグが手に入るショップを紹介しておくね。

安い・質が良い・私的ウィッグ専門店ランキングだよ

【Linea─Storia】

ウィッグ売上6年連続第1位!

 

 

毛質がサラサラで自毛みたい

私のウィッグを触った彼氏が「えっ、これウィッグなの?!」と言ったほどのサラサラの毛質よ。
私が初めて購入した時感動したんだ。値段も2,000円台からだし。

人工つむじがかなり自然

人工つむじがよほど注意でもしてみないと全く違和感がない自然さなんだ。より本物に近いクオリティーの高いウィッグだよ。
伸縮自在のアジャスターで頭にフィットするよ。

ここがポイント!

6年連続売上げbPなのは、ハイクオリティーのウィッグが圧倒的なロープライス(フルウィッグのショートが税込み送料無料で2,900円から)なので、20代〜30代に絶大な人気を得ているから!
どんどん進化していて、ちょっと高くなるけれど、ウィッグを常用する上級者を満足させる、よりハイクオリティーな人毛MIXとか、手植えウィッグも登場しているよ!
天使のウィッグや、人毛ウッィグは返品OKの満足保証もついています。
さらに+3000円で前髪をカットしてくれるサービスも登場。

届いたら色が違った時もカラー交換サービスがあるから安心
前髪をカットしてくれるオプションもあるよ!

ページ上へ戻る | HOME

【アクアドール】

触れても分からないサラサラの毛質

 

 

高品質ファイバーが凄い

人毛じゃないの?と思うぐらいにサラサラ。手触りがよくて、触れても全く分からないほど。
彼氏に触らせても、わからない
と思うよ。細い毛質でサラサラ感が欲しいなら最適。
ただし細いので絡みやすいという弱点も

価格もリーズナブル

フルウイッグの価格帯は3480円と3980円がほとんどで、ウィッグは送料無料

ショートウィッグが豊富

13もフルショートウィッグがあって、きっと欲しいものが見つかると思う。

 

ページ上へ戻る | HOME

マイウィッグ

芸能人・モデルが愛用しているウィッグ多数あり

人毛のような自然さ

高品質の日本製ファイバーを100%使用。人毛のようなナチュラルさにこだわったウィッグだよ。

自然なつむじ

独自の人工スキンを使用して、本物に近いつむじを作り上げているよ。

ここがポイント!

価格はリネアストリアやアクアドールより高いけれど、日本製ファイバーを100%使用するなどの高品質で、価格を1万円以下に抑えているのは、海外の世界最大級のかつら専門工場との直接取引きによって、中間マージンをカットしているおかげ。

ページ上へ戻る | HOME

 

 

読者モデル愛用DIVA


人気読者モデル愛用のウィッグも買える

読者モデルウィッグ

人気読者モデル「西もなか」「深澤翠」「神尾美沙」ちゃんたちの着用ウィッグが買えるDIVAの細菌の注目のまとだ。

高品質

他のショップと比べると、価格帯は400円ぐらい高くなるけれど、高品質だからいいと思います。

カラコンも買える

送料が5250円以上でないと無料にならないけれど、ここはカラコンも人気だから、イメチェン用にカラコンも一緒に買えばいいと思います。それから、累計販売台数50万台の大ヒットアイロン「ツヤグラマラス」の新型が2980円で買える。耐熱ウィッグにはやっぱりヘアアイロンは欲しいよね。

DIVAの私のお勧めはこれ

神尾美沙ちゃんの着用のおすすめ甘口ショートボブウィッグ

自然で誰でも気負いなく使える、たふんわりボブです。あえてレイヤーをいれず、少しだけ重めは、今の流行ですよ。
甘口ショートボブウィッグ2480円
■耐熱ファイバー180℃OK。
■シャンプー、ブラッシングOK
■サイズ(つむじから)前髪:約20cm,後髪:約33cm
 ※自然長(カールを伸ばさない状態)で計測。
■人工つむじなので自然な仕上がりがグー。
■アジャスターはウィッグ裏側の後部にあり調節可能。
■頭のサイズや毛量に合わせて、フックの位置でサイズ調節の可能。

「甘口ショートボブウィッグ」はこちら

大ヒットアイロン「ツヤグラマラス」も買っておくのがお勧め!

 

ページ上へ戻る | HOME

総手植えウィッグ

 

もっともっと自然さを求めたい、ハイクオリティーなウィッグが欲しいという方は、一本一本を手作業で植えた総手植えウィッグというものがあります。

 

今は殆どのファッションウィッグはマシンで植えています。だからコストが下げられて安くなっているのです。しかしマシン自体がとても良くなっているので、質もなんら問題ありません。

 

それでも、高くなってもいいから、よりクオリティーの高いものを選びたいという方は総手植えウィッグを選ぶのもいいでしょう。

 

総手植えウィッグの良さは、マシンのような均一的な植え方ではなく、場所に合った感覚で植えられているので、より自然な生え方になっていること、また通気性も考えて植えられている点です。

 

手植えは、マシンのように密になっていなくて通気性がよいため、結果的に重さ的にも軽くなっているのが特徴です。

 

ずっと長い時間つけていても蒸れにくということ、軽いつけ心地ということで、ストレスがたまりにくいため医療用ウィッグなどでも作られています。

 

医療用専門メーカーだと、10万円ぐらいあるいは、もっとそれ以上のものもありますが、高品質低価格なファッションウィッグで知られるリネアストリアにも総手植えウィッグがあり、医療用ウィッグとして利用している人もいます。

 

価格は8,000円台からあるので、とてもリーズナブルでおすすめです。

 

ページ上へ戻る | HOME

ミセス向けウィッグ

 

最近は若者だけでなく、ミセスもウィッグを利用する人が増えています。

 

オシャレだけで楽しむには、特にミセス向けでなくてもいいと思いますが、髪のボリュームが年齢で減ってしまった方が、その目的をメインとして使いたい場合、若い人向けのカットではなく、もっと落ち着いた感じのスタイルのものが欲しいという思いがあると思います。

 

ただボリュームだすだけではもったいないので、若く、より美しく見えることも私は必要だと思うのです。

 

ただし、薄毛用のオーダーメードウィッグだとうん十万という価格になってしまうので、それでは簡単には手が出ないですよね。

 

そこでお勧めしたいのが、リネアストリアのミセスウィッグです。

 

このミセスウィッグにも総手植えのタイプと、それよりリーズナブルなマシン植えのタイプがあり、予算に合わせて購入できます。

私がショートウィッグにはまった理由

そもそも、私はあまりウィッグというものに興味がありませんでした。

 

どちらかというと、コスプレイヤーのためのものか、薄毛を隠すためのものというイメージだったからです。

 

ずっと小学生の時からロングだった私は、ある時、「○○ちゃんって、顔小さいから、ショート似合うじゃないの?」そんなことを言われるようになったのが高校時代。

 

けれど、ずっと伸ばしているロングをカットする勇気はなくて、試してみたいとは思っても、もし似合わなかったら元に戻せないと思っていました。

 

そんな折、私が好きになったモデルさんが、ウィッグを使っているというのを聞いて、「ああー、ウィッグって、こんなに自然に可愛くできるんだ」ってことを知ったのです。

 

しかし、きっと何万円もして、私なんかのお小遣いではとても買えるように代物ではないんだろうなーって勝手に思ってました。

 

安いウィッグがあるのは知っていたけれど、おもちゃみたいなもので、使ったらお人形さんのような髪になるんだとばかり思っていました。

 

ところがある時、パリコレモデルが使っているウィッグが、プリシラのものだと知り、なんとなくプリシラをのぞいてみたら・・・

 

「えっ、これってそんなに高くないじゃん」とびっくりしたのです。そして初めて買ったのが、リネアストリア。

 

プリシラよりも安くて、プリシラに近い品質なのが今でも気に入っています。

 

それからも、色々なメーカーショップのショートウィッグを購入してみて、「ああ、これはいい」「ここのはちょっとねえ・・・」というのが分かってきて、今に至っているというわけなのです。

 

だから今も、ロングはそのままで、イメチェンしたいときに、ショートウィッグを使うという方法で楽しんでいます。

 

ウィッグにプラスしたいアイテム

ウッィグでヘアスタイルをもっても、まつ毛が弱々しいと、ちょっと台無し。

 

まつ毛を盛りたい場合は、まつ毛エクステーションが普通だけれど・・・

 

ウィッグと違って、接着剤を使うので、自まつ毛が傷んでしまうのが問題。

 

まつエク使っていると、取れたときに、自まつ毛抜けていたり、成長していなかったりで、みすぼらしくなってしまう。

 

だから、まつ毛の場合は、エクステやつけまつげで盛るんじゃなくて、まつ毛美容液で育てた方がいいよ。

 

まつげ美容液の比較はこちらを参考にしてね。