ウィッグメンテ

ちゃんとケアして長く使おう

せっかくお気に入りのショートウィッグを手に入れてもすぐにダメにしてしまったら意味がないよ。

 

毎年新製品がでるから、買い替えようとしても、同じモデルのショートウィッグが手に入らないこともあるんだよ。

 

ショートウイッグは、ロングウィッグよりも絡みにくいから、それほど手間がかかるわけではないので、使った後はちゃんと手入れしておこう。

 

きちんとケアしておれば、5年ぐらいは十分持つからね。

 

ケアのためのアイテムは、持っておいて損はないよ。

 

ウィッグ用のブラシと、スプレーは絶対持っておいてほしい。

 

静電気も防げて、絡みにくくなるからね。

 

ウィッグ専用のシャンプーは持っていて損はないけれど、人の髪用のも使えるから、そこまでこだわらなくてもいいかも。

 

あと保管や手入れにはヘッドマネキンが便利だよ。

 

ウィッグの数だけというのはコストがかかりすぎるけど、1つは持っておいた方が何かと便利。

 

前髪のカットやチョークでワンポイントカラーを入れたいときなんか、ヘッドマネキンがないと無理だからね。

ウィッグメンテとアレンジ記事一覧

前髪が長すぎる場合のウィッグカットウィッグでよくあるのが、前髪が長過ぎてしまうというパターン。どうしても、これってフルウィッグの場合は出ることが多いです。この場合、カットすれば済むことですが、美容院でカットしてもらうのは、めんどうですし、断られる場合もあります。そこで、自分でカットという事になりますが・・・・自分の前髪もうまく切れないと型は結構いますね。多くの失敗は、ぱっつん前髪になってしまうとい...

ウィッグを購入したけれど、ちょっと問題点がある場合、何か方法は無いかと悩んでいる方に役立つ情報です。つやがあり過ぎたらもし、艶がありすぎて、不自然に感じるようだったら、反射を抑える方法して、いくつかのものがありますので、紹介しておきます。一番簡単な方法は、パウダー系の制汗剤をスプレーする方法です。白くなったら、ブラッシングしてはらえばいいので、問題ありません。次に、衣類用の柔軟剤であらって、リンス...

ウィッグも安くなって消耗品みたいに使う人もいますが・・・ちゃんとお手入れすれば、少なくても3年は使えますし、私は5年以上使っているお気に入りもあります。もちろんどんどん進化するので、新しものの方が多いですけれどね。とはいえ、お気に入りのウィッグもお手入れが悪いとごわごわになってしまいますので、ちゃんと手入れをし他方がいいのです。ただし、正しいお手入れ方法を知っておかないと、結局はごわごわになってし...

カールウィッグは、ふんわりとしていて可愛らしい反面お手入れがしにくいといった印象があります。間違った方法で洗ってしまうとカールが取れる、シャンプーをするのにはどうしたらいいんだろう、絡まったりしないのかといった不安があると思います。このような不安を取り除いたカールウィッグの洗い方は、どうすれば良いのでしょうか。まず使用するシャンプーや柔軟剤になりますが、こちらは通常のウィッグで使用するものと一緒で...

美容院で切ってもらうウィッグカット仕方として安心できる方法は美容院にウィッグカットをお願いすることで、プロがカットするので自然で可愛い形にカットしてくれるのでウィッグカット失敗はまずないポイントになります。ウィッグは実際に着用した状態とそうでない場合とでは感じが大きく変わる事があるため利用する場合はウィッグを着用してカットしてもらった方が地毛を切ってもらう感覚であるためより本人にフィットしたウィッ...

私は飽きてしまったウィッグの前髪をアレンジして楽しんでいます。ウィッグの場合、気軽にアレンジも出来るので自分の好きなヘアスタイルにすることが可能です。普段前髪が長くサイドに流しているという方は、まず前髪ウィッグをつけてぱっつん前髪を楽しんでみてはいかがでしょうか。いわゆる姫カットってやつですね。ウィッグを水で濡らしてからまとめ、センター部分だけ取り分け、切りたい長さまでセルフカットをすれば自分好み...

ショートヘアーの女性でも簡単にロングヘアーが楽しめるアイテムとしてエクステやウィッグがあります。エクステは美容室やヘアーサロンでつけてもらうのが一般的ですが、今では自分でつけるタイプのものもあります。しかしながらエクステは髪の毛に編み込むものなのでつけるのに手間がかかります。また、なかなか細かい作業なので不器用な人などには難しいかもしれません。そんな時にオススメなのがウィッグです。ウィッグにはフル...

リネアストリアさんが教えてくれるウィッグのかぶり方です。動画で紹介している商品 ★リネアストリア天使のリネアストリア天使のレースフロントビクトリアロングウェイブ★リネアストリア天使のリネアストリア天使のAcUショートLinea-Storia(リネアストリア)スタッフが、ウィッグを自然にかぶるポイントを教えてくれます。Linea-Storia(リネアストリア)スタッフがウィッグの巻き方をアイテム別で...

ウィッグでもいろんなアレンジをして楽しみたい、と思う方も結構多いのではないでしょうか。コスプレする場合だって、結構ツインテールのキャラっていますよね。地毛では簡単にできるツインテールも、ウィッグの場合には、ネットを隠すようにふかしを入れる必要があったり結構作るのも大変です。私も初めて挑戦したときはまとめるのも難しく、ネットも上手く隠れずで、もうホントに大変でした(涙)。毛量がもっと欲しいということ...

普段からお気に入りのウィッグをつけているけれど、髪も段々傷んできたし長さも変えてみたい、だけど美容院や専門の店へもっていってカットしてもらうほどではないから自分で何とかしたい、という方はたくさんいることでしょう。かぶってみたらここの部分だけもうちょっとボリュームが少なければ完璧なのになあ、と思うこともあるはずです。しかしウィッグの毛は合成繊維で出来た人工毛であるので、散髪用のハサミで切ると刃が傷み...

ツインテールは可愛らしさと小悪魔感を感じさせる、人気のヘアアレンジです。動きのある毛束がポイントとなるスタイルですから、魅力的に仕上げるためにはある程度髪の長さが必要となります。一度試してみたいけど髪の長さが足りない・髪の毛がのびるまで待てないという場合は、ロングのフルウィッグを結い上げてアレンジをしてみましょう。ロングのフルウィッグをベースにしたツインテールの作り方は、コツさえつかめば意外と簡単...

ロングウィッグがあれば、ショートヘアの人も簡単に髪形を変える事が出来て大変便利です。せっかく使うのであれば、ロングを活かしたアレンジを行うと、より魅力的になります。まず、ロングウィッグをハーフアップにしましょう。自分の後ろ姿は見る事が出来ませんが、ウィッグなら簡単に出来ます。ハーフアップした部分を真ん中でくるりんぱします。このままでもナチュラルな状態でかわいいですが、もう少し手を加えます。両サイド...

page top