ツインテール!バンスの正しいつけ方

ツインテールをバンスウィッグ(ポイントウィッグ)で簡単に作る方法

ウィッグでもいろんなアレンジをして楽しみたい、と思う方も結構多いのではないでしょうか。コスプレする場合だって、結構ツインテールのキャラっていますよね。

 

地毛では簡単にできるツインテールも、ウィッグの場合には、ネットを隠すようにふかしを入れる必要があったり結構作るのも大変です。

 

私も初めて挑戦したときはまとめるのも難しく、ネットも上手く隠れずで、もうホントに大変でした(涙)。

 

毛量がもっと欲しいということもあるかと思います。

 

そんな時に使える、とても便利なグッズが「バンス」です。

 

リネアストリアさんでは、ポイントウィッグのカテゴリーにあり、バンスとは言っていませんけれど同じようなものです。

 

バンスとはクリップやマジックテープで止めるワンポイントウイッグで、ツインテールを作るときにとても便利な一品です!

 

ウィッグと一緒で色も様々なものがあり、長さもロングタイプのものが多いですから、好きな長さで切って、耐熱であればコテで巻いて楽しんで、等いろいろ楽しむことが出来ます。

 

実はこれ、便利なようで奥が深い!

 

私は初めて付けたとき、長さによる重さを考えてなかった為、土台にしたウィッグごと完全にズレてどえらいことになりました(笑)。

 

そんなことにならないように、使う前に付け方を覚えておくことをおススメします!

 

クリップタイプのものもマジックテープタイプのものも、付けるための土台が必要です。

 

地毛・フルウィッグ問わず、バンスを付けたい位置を決めて、ヘアゴムで左右同じ高さに結びます。

 

結構この位置決めも難しく、付けた後に高すぎたと気が付くこともありますので、初めのうちは練習が必要かもしれません。

 

クリップタイプの場合は、この土台をクリップで挟むだけです。

 

土台をしっかり作っておかないと、後で崩れる原因となってしまいますが、逆にちゃんと作っておけば安定したウィッグが完成します。

 

マジックテープタイプのものは、かんざしコームが付いていますので、その部分を結び目に差し込みます。

 

その後、バンスを巻き込みマジックテープで止めるように巻き付けます。

 

付けた部分を隠すように長い毛束が付いていますので、これを使ってマジックテープ部分を隠しながら回して付け、最後に結び目の下で見えないようにピンでとめれば完成です♪

 

しっかりとコームとピンでとめておけばズレることはありません!確かに慣れは必要なので練習あるのみ!です!!

 

使いこなせば、今よりもヘアアレンジの幅が広がります♪ぜひ楽しんでみて下さい。

リネアストリアのマジックポニーテール

ショートウィッグにだって、ポイントウィッグ(ポイントウィッグ)を利用すれば簡単にツインテールにできてしまいます。

 

たとえばこのリネアストリアのウィッグがあれば、ショートウィッグでツインテールが作れます。

 

 


ポイントウィッグ「プッチポニーゆるウェイブ」

マジックポニーテールゆるウェイブからショートタイプが登場!
ちょいゆるウェイブでおしゃれなポニテ!短めなので絡みにくく軽い!!!
ルーズなウェイブが普段使いにもゴージャスUPにも使える万能ポニテ!
ショートタイプになっておりますので、地毛が長い方はお使いいただけません。

page top