失敗しないウィッグカットの仕方

美容院で切ってもらうか自分でやるか

美容院で切ってもらう

ウィッグカット仕方として安心できる方法は美容院にウィッグカットをお願いすることで、プロがカットするので自然で可愛い形にカットしてくれるのでウィッグカット失敗はまずないポイントになります。

 

ウィッグは実際に着用した状態とそうでない場合とでは感じが大きく変わる事があるため利用する場合は

 

ウィッグを着用してカットしてもらった方が地毛を切ってもらう感覚であるためより本人にフィットしたウィッグのカットをしてもらえるので失敗が抑えられます。

 

ただし、行きつけの美容院でもカットを断られることもありますし、カット代が高くついてしまったら、せっかく安いウィッグを購入してもがっかりなことになります。

 

他の方法として宅配スタイルのウィッグカットという方法も一応ありますが、どこでもやっているわけではありません。

 

また、つける本人に合わせてカットするわけではないので顔の形に合わない仕上がりになるリスクがあります。

 

直接店舗を持つサロンでウィッグを購入した場合はそこで依頼すればカットをしてもらう事ができますが、通販で購入するとそうもいきません。

 

実はリネアストリアさんで購入するとオプションでカットしてもえます。

 

なかなかここまでしてくれるショップはないので、お勧めです、しかも料金も安いです。

 

ただし、ちょっと高めのウィッグである天使のウィッグシリーズだけのサービスのようです。

 

リネアストリアのカットサービス

リネアストリアさんで天使のウィッグシリーズを購入すると、+3,000円で前髪、産毛カットをしてくれるので、とても自然な仕上がりになります。

 

購入後のサービスなので、10日ぐらいかかるという点、カットしてしまったらカーラー交換サービスが受けられない点は注意してください。
(リネアストリアでは、カラーが合わなかった場合交換してもらえるサービスがあるのです。)

 

またリネアストリアでは、医療用のウィッグは、提携している美容院で、個室でカットしてもらうこともできます。

 

これならば確実に失敗カットにならずに済みますね。

 

自身でカットする

一番お金がかからない方法ですので、これからもウィッグを楽しんでいきたいという人は、腕を磨くこともかねてトライしてみることをお勧めします。

 

自力で行う場合はまずウィッグをかぶってどこが良くないかをチェックすることになります。

 

またウィッグの髪の毛の量も注意が必要で、髪の量が少ないウィッグでは、すいてしまうことで、毛量が少なくなり、

 

使っているうちに毛が抜けますので、やがてハゲが目立って寿命が短くなってしまう可能性があります。

 

毛の量が多いウィッグは使っていく中で毛が抜けてしまってもある程度までは使えるので、長く使う場合はすくのはやめた方がいいかもしれません。

 

まあたいていカットが必要なのは前髪だと思いますので、コスプレ用ウィッグを購入する場合以外は、すくためのカットすることはないでしょう。

 

ウィッグのカット仕方として重要なのはハサミの使い方で、それ次第で仕上がりに影響します。

 

例えば横にハサミを入れると髪型がぱっつんとしたイメージになり、縦に入れると毛先がばらつき軽くなります。

 

そしてシャギーを作る場合ハサミではなくカミソリを使う方法もあります。

 

毛先を自然にしたい場合は、かみそりで、削り落とすようにカットします。

 

また前髪の場合ヘッドマネキンなどにかぶせてカットすると切りやすいですが、実は自分がかぶった時と長さが違う場合があります。

 

まずは、前髪のウィッグカットをする場合、ウィッグをかぶって自分にあった長さよりちょっとだけ長めにカットをします。

 

長さだけ決めてから、ヘッドマネキンにおいて、毛先にジャギーを入れたり、少しづつ髪の束をねじって、縦にハサミをいれてカットします。

 

こうすれば、長さをそんなに間違えることなくカットできて、失敗するリスクが減らせます。

 

もっと詳しくは前髪を自分でカットする場合はこちらの記事を参考にしてください。

page top