襟足ウィッグの効果つけ方

襟足ウィッグの効果は抜群

ショートヘアーの女性でも簡単にロングヘアーが楽しめるアイテムとしてエクステやウィッグがあります。

 

エクステは美容室やヘアーサロンでつけてもらうのが一般的ですが、今では自分でつけるタイプのものもあります。

 

しかしながらエクステは髪の毛に編み込むものなのでつけるのに手間がかかります。また、なかなか細かい作業なので不器用な人などには難しいかもしれません。

 

そんな時にオススメなのがウィッグです。

 

ウィッグにはフルウィッグと呼ばれる頭からかぶるタイプのものや、襟足ウィッグという襟足にだけ付けるタイプのものがあります。

 

襟足ウィッグはエクステに比べて取り付けが簡単で、フルウィッグと比べると半額以下と手軽に楽しむことができますし、フルウィッグよりも自然な仕上がりになります。

 

私の場合、ショートウィッグをたくさん持っていて、ロングほとんど持っていないので、それを簡単にロングに見せるのに襟足ウイッグを使っています。

 

襟足ウィッグのつけ方

襟足ウィッグつけ方ですが、まずサイドから襟足にかけての地毛をブロッキングして耳の高さ辺りにあげて留めておきます。

 

そしてブロッキングでできた分け目あたりに襟足ウィッグを合わせクリップなどの留め具で留めて行きます。

 

あとはブロッキングしておいた髪の毛をおろし、襟足ウィッグに馴染ませれば完成です。

 

なお、襟足ウィッグの幅が広すぎる場合には端を折り返して幅を調整することができます。

 

他にも襟足ウィッグひとつではボリューム感が物足りないといった場合には襟足ウィッグを2つ重ね付けするといった方法もあります。

 

重ね付けする場合には1つ目のウィッグよりも少し高い位置に2つ目のウィッグを留めると自然に馴染みます。

 

このように襟足ウィッグには髪を伸ばすことなく髪の毛を長く見せたり、ボリューム感を出したりすることができますが、他にもカールスタイルのものを使えばガーリーな雰囲気を出すといった襟足ウィッグ効果も期待できます。

 

最後に襟足ウィッグの注意点ですがフルウィッグとは異なり地毛とウィッグの境目がはっきり見えてしまいますので、地毛とウィッグの色味を合わせることが必要です。

page top