自分でウィッグでツインテールの作り方

ツインテールは可愛らしさと小悪魔感を感じさせる、人気のヘアアレンジです。

 

動きのある毛束がポイントとなるスタイルですから、魅力的に仕上げるためにはある程度髪の長さが必要となります。

 

一度試してみたいけど髪の長さが足りない・髪の毛がのびるまで待てないという場合は、ロングのフルウィッグを結い上げてアレンジをしてみましょう。

 

ロングのフルウィッグをベースにしたツインテールの作り方は、コツさえつかめば意外と簡単です。

 

十分に長さがあり毛量も多めのフルウィッグを用意したら、まず作業がしやすいようマネキンなどの頭部にセットします。

 

そして頭頂部からクシを使ってセンターを左右に分け、それぞれの毛束を軽くまとめておきます。

 

耳の上など高い位置にテールを作る場合、いきなりトップに毛束を持っていくのは難しいですから、まず上半分の毛束だけを一度軽く結い上げて、その後残りの毛を合わせるようにした方が失敗しにくいでしょう。

 

毛束を結い上げる際に問題となるのが、毛を分けた部分に見えてしまうネット部分です。

 

分け目部分にネットが見えていると、いかにもウィッグという雰囲気になってしまい、今ひとつ綺麗に仕上がりません。

 

分け目が目立ってしまう場合は、根元に逆毛をたてるようスタイリングをして隙間を覆うと、ネットを上手に隠すことができるでしょう。

 

毛量が少ないウィッグですと、逆毛をたててもボリュームが足りない状態になってしまいますので、なるべく毛量の多いものをチョイスするのがポイントです。

 

よりナチュラルで華やかな仕上がりを目指すのなら、フルウィッグを結い上げるのではなく、バンスウィッグを活用しましょう。

 

ショートスタイルのフルウィッグをベースとして、同じカラーのバンズを左右にセットすれば、全体のボリューム感をほどよくコントロールできます。

 

この方法であればかなり高い位置に毛束を止めることもできますので、コスプレや仮装にもおすすめです。

page top