ウィッグの前髪を自分でカットする方法はコツさえつかめば簡単

ショートウィッグを買ったはいいものの、前髪が長すぎる!ってことはよくあることです。

 

こんな時、いちいち美容師に頼むのは大変なので、自分でやってしまいましょう。

 

前髪だけをカットするならコツさえ掴むことで、自分でもセルフカットをすることができます。

 

人の顔の印象を変えるのも、前髪の効果にかかっています。

 

前髪は人によっては、合う人もいれば、似合わない人もいます。

 

形状の決まりきっているウィッグだと、もっと似合う確率は低いです。

 

自分でウィッグの前髪はカットをすることで、微調整によって本人にあったスタイルと長さへの調整を実行することができます。

 

ウィッグのカットはすきバサミを用意して、髪の毛をカットするのがやりやすいです。

 

静電気を防止するためにも、専用のコームを利用します。クシを通すだけでも、普通に静電気の発生は考えられるので、金属製のコーム部分であるタイプを使い、静電気を防止することができます。

 

サイドの髪の毛や、カットする予定はない髪の毛は、ヘアクリップ利用で留めておきます。

 

クリップで髪の毛を留めておくことで、誤って切りたくない髪の毛をカットすることはなくなります。

 

カットをした髪の毛が周りに散らばらないように、新聞紙等の受け紙を用意しておきます。

 

カットはドライカットは一般的、水を入れた霧吹きも用意をしておくことで、水分を含んでカットをしやすくなります。

 

作り物はボリュームもあるため、水分を霧吹きで吹きかけて、カットをしやすい状態にします。

 

イメージを持っておくことで、カットは自分でやりやすくなります。

 

希望の前髪のスタイルと、女性雑誌などで探しておいて、雑誌の切り抜きを見ながらイメージを作ることも良いです。

 

カットをする時にはハサミは中央部分から入れていきます。

 

真ん中の長さが決まるので、揃えてカットをしやすくなります。

 

少量ずつ髪の毛はカットをすること、一気に切ろうとはしないことです。

 

様子を見ながら、毛束を少しずつにしてカットをしていくことで、大きい前髪カットの失敗を防ぐことになります。

 

左右対称となるように、交互にハサミを入れます。

 

ぱっつんにしたくなければ、一つまみをねじって、縦にハサミを入れると、パッツンにならずに切れます。

ウィッグの前髪を自分でカットする方法関連ページ

ウィッグとばれても恥ずかしくないの?
ウィッグをつけていることをばれたら恥ずかしいものなの?いえ、今の時代つけていることで恥ずかしい思いをすることはありません。問題は、似合っているかどうか、また変なしつのものをつけていないかです
ウィッグとヘアーチョークどっちが良い?
ウィッグで髪の色をアレンジするのと、ヘアーチョークでアレンジするのどっちの方がいいでしょうか?