着用が難しい!?リネアストリアのキューブウィッグを上手につけるコツ

リネアストリアのキューブウィッグとは

リネアストリアさんが開発した日本初ウィッグです。

 

自分のつむじをそのまま生かして着用するから、どんなによくできた人工つむじにも負けません。

 

つむじ部分がないので、フルウィッグともハーフウィッグとも言えませんが、あるいみ究極ナチュラルウィッグといえるでしょう。

 

「キューブウィッグ」は すぽっと頭から着用して、つむじと前髪の一部をウィッグに自然になじませるだけなので慣れてしまえば簡単人ですよ。

 

まちろんリネアストリアなので、ファイバーは まるで地毛みたいだから、地毛になじませてしまえば、見た目どころか触ってもどからがウィッグなのか、見分けがつかないくらい自然なんですよ。

 

たぶんウィッグに慣れている人でも見ただけではわからないとおもいます。

 

地毛になじませているわけだから、部分ウィッグなんか比べ物にならないほど 安定感があって外れちゃう心配もいりません!

 

自分のつむじは出しているから、真夏でも蒸れずに平気だよ。

 

髪の毛が細くて、ボリュームがない女の子には特にありだよね。

 

今でているのは、ロングしかないみたいだけれど、ショートに飽きたら試してみるといいよ。

 

 

初めて見たとき、侍みたいだとおもったのは私だけ・・・?

 

キューブウィッグ全スタイル一覧

リネリアストアのキューブウィッグがおすすめ

ウィッグは髪を切ったり、パーマをかけることなく取り付けるだけで手軽にヘアチェンジが楽しめる人気のおしゃれアイテムです。

 

特にハーフウィッグは自毛となじませることができるのでフルウィッグよりも自然であることで人気ですが、境目がわかりやすく、カチューシャなどでカバーしている人も少なくありません。

 

そこで、注目されているのがリネリアストアが提供しているキューブウィッグです。

 

キューブウィッグはハーフウィッグと見た目が似ていますが自分のつむじを活かすことができるのでより自然で境目がないのも魅力です。

 

キューブウィッグは着用が難しいという意見もありますが、正しい着け方を知れば特に難しくはなく、自然になじませることができます。

 

キューブウィッグには黒いリボンが付いていますが、これは型崩れ防止用ですので、着用前には外しておきましょう。

 

さらに着用前にはウィッグを軽くブラッシングしておきます。その後は頭にウィッグをあてウィッグの穴部分から地毛を出す位置を決めておきます。

 

位置が決まったらトップの髪をブロッキングし前髪とサイドの髪を残し後ろ部分は二つに分けて結びます。

 

髪が長い場合は三つ編みにするとまとめやすくなります。

 

結んだ髪はヘアピンでとめ、コンパクトにまとめます。

 

準備ができたらウィッグの穴の部分からトップの地毛を出し被っていきます。

 

両サイトにはクリップがありますので良い位置で固定します。その後はまとめた髪をウィッグに入れ込み襟足にあるコームで固定しましょう。

 

ウィッグが固定できたら、トップの髪をおろしウィッグの境目を覆うように髪を少しずつ引き出し整えていきます。

 

その後にヘアアイロンやコテなどでアレンジすることも可能です。

 

キューブウィッグには着用位置がわかりやすく、安定感を増すために透明の糸が着いていますが、窮屈と感じる場合はこの糸を切ることもできます。

 

糸を切った場合は型崩れ防止用のリボンを着用幅のガイドとして活用することができます。

 

キューブウィッグ全スタイル一覧

page top